三井住友カードのワールドポイントがVポイントに変更

2020年6月1日から三井住友カードのワールドポイントがVポイントに変更となりました。

スポンサーリンク

付与ポイント単位

いままで、月間利用合計額(税込み)の1,000円に対して1ポイント(5円相当)だったのが、200円に対して1ポイント(1円相当)となりました。決済ごとの不要になったりないかな?と思っていましたが、これだと無駄なくポイントが貯まりますね。セゾンカードの永久不滅ポイントもこうなってほしい…。

ポイント価値

上にも記載していますが、従来の1ポイント=5円相当から、1ポイント=1円相当になるのでわかりやすくなりました。

比較表

いつもの利用でポイント5倍!

こちらは以前からあるサービスですが、

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

の場合は、Vポイントが通常の5倍(2.5%相当)になるものです。

ポイント加算の計算方法

ポイント加算対象となるご利用金額は以下の単位で集計し、200円につき4ポイントを加算ポイントとして付与します。

集計単位(1)・セブン‐イレブンでのiD(含むApple Pay、 Google Pay )のご利用
・ローソンでのVisa(含むタッチ決済)、Mastercardのご利用
集計単位(2)・マクドナルドでのご利用
・セブン-イレブンでのVisa、Mastercardのご利用
・ファミリーマートでのご利用
・ローソンでのiD、Apple Pay、 Google Pay のご利用
引用元:https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo9001629.jsp

と、この集計単位が謎な仕様なのですが、私の場合大抵は、ApplePayのiD利用で、ファミリーマートはほとんど利用していないのと、ローソンの場合は今はauPAYの方が利率が良いため(4%)、

集計単位1:セブンイレブンのiD
集計単位2:マクドナルドでのご利用(最近はモバイルオーダー)

となって、集計が合算されないな…。まあ、とりあえずは何も考えずに使えばいいのですが。

スポンサーリンク
楽天市場A8


Amazon

楽天市場A8


Amazon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天市場A8


Amazon

Close Bitnami banner
Bitnami